FC2ブログ

東京公園雑記ブログ

現在続けている東京23区の公園調査で見聞きしたいろいろをご紹介します。

2019年

06月19日

(水曜日)

ビワ

街のスーパーでもビワがいっぱい並んでいますが、公園のビワも完熟期です。
撮影日:令和元年6月1日
ビワ
ビワ

2019年

06月18日

(火曜日)

コスモス

秋を代表する花コスモスです。
このコスモスは5月25日に写したものですが、最も早く開花を見たのは、八重桜が咲いていたころです。
もうちょっとしたら、あちこちで咲きはじめますよ。
撮影日:令和元年5月25日
コスモス
コスモス
コスモス

2019年

06月17日

(月曜日)

ノビル

写真のこれは、葉の季節が終わり、花の季節も終わり、そして花の中にできたノビルのムカゴです。
このノビルと言う植物はよく調べてみると、じつにユニークな生き方をしている。
美味しいだけが、素敵なのではないようです。
撮影日:令和元年5月25日
ノビル

2019年

06月16日

(日曜日)

ネジバナ

ネジバナはラン科ネジバナ属の多年草。
所謂「野草」の一つで、都市部の日当たりの良い芝生地などで、これからの季節よく見られるピンク色の小さな花です。
別名はネジリバナなど。
右巻きと左巻きの両方があり、中には花序がねじれないものや、途中でねじれ方が変わるものもあります。
ごくまれに、白花のネジバナもあります。
これからどんどん咲き始めるので、芝生地のある公園などで探してみては。
撮影日:令和元年6月8日
ネジバナ
ネジバナ

2019年

06月15日

(土曜日)

ウバユリの新芽

ウバユリはユリ科ウバユリ属の多年草。
真夏の最も暑い時期に、山間部で見られるとても地味なユリの仲間です。
最初に葉っぱだけが生え、それが枯れる頃になると、ひょろひょろと伸びた茎の先に花が咲きます。
花色は少し濁った白系ですが、園芸種では他の花色もあるようです。
ユリ根は他のユリ根同様に山菜として食べられます。
写真のこれは新芽です。
2枚目の写真は、去年の花の残骸です。
撮影日:令和元年5月11日
ウバユリの新芽
ウバユリの新芽

2019年

06月14日

(金曜日)

マテバシイの雄花

ドングリなどで名が知られているマテバシイの雄花です。
撮影日:令和元年6月1日
マテバシイの雄花
マテバシイの雄花
マテバシイの雄花
マテバシイの雄花
マテバシイの雄花

2019年

06月13日

(木曜日)

宿根スイトピー

宿根スイトピーは、その名の通り、宿根です。
撮影日:令和元年5月25日
宿根スイトピー
宿根スイトピー
宿根スイトピー

2019年

06月12日

(水曜日)

アジサイ

これは見たことのないアジサイでした。
外国産でしょうか。
撮影日:令和元年5月25日
アジサイ
アジサイ
アジサイ

2019年

06月11日

(火曜日)

この植物は

この植物名は忘れました。
公園花壇で手入れをしていた人に名前を訊ねると「メキシコ原産の〇〇」と聞いたのですが、忘れてしまいました。
申し訳ない。
因みに、何も関係ありませんが、メキシコ原産で有名なのがダリアあたりでしょうか。
撮影日:令和元年6月1日
この植物は
この植物は
この植物は
この植物は
この植物は
DSCN7966 (1)

2019年

06月10日

(月曜日)

モミジイチゴ

モミジイチゴの完熟実は甘くおいしかったです。
撮影日:令和元年5月25日
モミジイチゴ
モミジイチゴ
モミジイチゴ
モミジイチゴ
私にとっての本当の秋

 | 

 プロフィール 

東京公園雑記管理人

  • Author:東京公園雑記管理人
  • 公園情報センターのブログ「東京公園雑記」です。
    現在、おこなっている東京23区公園全データ・最新版における調査で、見聞きするいろいろを書きます。
    暑いときは熱い話を、寒いときは冷静な話などを書いていければと思います。写真は全てに添付します。
    ご期待ください。

 最近のトラックバック 

 月別アーカイブ 

 カテゴリー 
 ブロとも申請フォーム