東京公園雑記ブログ

現在続けている東京23区の公園調査で見聞きしたいろいろをご紹介します。

2017年

04月23日

(日曜日)

ギンモクセイの実

ギンモクセイの実
ギンモクセイの実
ギンモクセイの実
ギンモクセイの実
ギンモクセイの実
ギンモクセイの実
ギンモクセイの実が色づいていました。
日本には実を付ける雌木はほとんどないと言われますが、ここにはその珍しいギンモクセイの雌木があり、実色づかせていました。だだ何処をどう調べても、食べられるかどうかの記載がありません。
私はあんがい用心深いので、決して食べてみることはありませんが、長年植物を見てきて、実の付いたギンモクセイを初めて見ました。長生きをしていると、今でも新しい驚きというものは稀にあるものです。
撮影日:平成29年4月23日

2017年

04月22日

(土曜日)

コゴミ

春を代表する山菜の一つコゴミは葉を伸ばす季節を迎えています。
こうなると、もう山菜としては食べられません。
私のよく行く里山では、いくつもの群生地があります。大方は川やせせらぎ沿いの水際です。
見るだけでも一服感があります。
撮影日:平成29年4月16日
コゴミ
コゴミ

2017年

04月21日

(金曜日)

ゲッケイジュ

ゲッケイジュ
ゲッケイジュ
ゲッケイジュ
ゲッケイジュはクスノキ科の植物。
シネオールと言う芳香成分を含んでいて、これの葉を乾燥させたのが「ローリエ」です。
葉っぱを潰して擦ると、独特の良い香りがします。
全く目立たない植物で、花も地味そのものです。

私は子供の頃から、この葉っぱをすり潰しては匂いを嗅いでいました。楽しい一人遊びです。ですが、この香りが「シネオール」と言うものだと知ったのは30歳を過ぎてからです。バカですねー。
撮影日:平成29年4月16日

2017年

04月20日

(木曜日)

タケノコ

タケノコ
タケノコ
タケノコ
タケノコ
スーパーでも山間部の道の駅でも、もういっぱい売られている。
そして、竹林のある公園でもタケノコが見られる季節を迎えている。しかし公園のタケノコは採ってはいけない。
私は数年前まで、とある里山の竹林でタケノコ堀をしていた。しかし当然、そこは誰かさんの持ち物だったこともあり、今はもうやめた。
採れたばかりのタケノコは本当に甘い。甘い過ぎるほど甘い。
撮影日:平成29年4月16日

2017年

04月19日

(水曜日)

山ウド

平場の公園では、山菜の山ウドがもうこんなに伸びています。
里山の林道などをGW時に歩いていると、まだこんなに伸びてはいず、ちょうど食べごろです。
山ウドの天ぷらは大好きです。
撮影日:平成29年4月15日
山ウド
山ウド
山ウド

2017年

04月18日

(火曜日)

クサイチゴ

クサイチゴ
クサイチゴ
クサイチゴ
東京の普通の公園で一般的にみられるキイチゴが、このクサイチゴです。GW過ぎには実が真っ赤に完熟します。
子供の頃からずっと食べています。甘くて美味しいのですが、いっぺんに50個以上食べると必ず腹痛が起こる。死ぬわけではないが、やっぱり少し困る。そしてこれは大して困らないが、完熟期が最盛期に入ると、実の内側に必ず虫が入っている。それほど甘いのだ。私はあんがい野蛮だから、子供の頃から虫を食べるのは、そんなに嫌いではない。が別段、好きでもない。

あと一月もすると、キイチゴの季節がやって来る。各種のキイチゴが完熟する。甘くて美味しいのもあれば、大して甘くもなく、苦味の残るキイチゴもある。スーパーで売っている普通のイチゴだって298円で売っている安物の中には大して甘くないのが、よくある。
そんなことを気にしていたら、この世は生きていけない。
撮影日:平成29年4月16日

2017年

04月17日

(月曜日)

エノキ

まだ暑い秋口のはじめ、艶のない赤色に実は熟します。
とても小さな実ですが、ほんのりと甘く食べられます。
しかし95%ほどが種と言う、可食には全く向きません。
それがこのモワッとした小さな花たちです。
撮影日:平成29年4月16日
エノキ
エノキ

2017年

04月16日

(日曜日)

フデリンドウ

フデリンドウはリンドウ科リンドウ属の越年草。
春に咲くリンドウにはハルリンドウと、このフデリンドウがあります。
他にもあるかもしれませんが、私はこれらしか確認していません。
ですが、ここ10年ぐらいハルリンドウにはお目にかかれてはいません。
フデリンドウは一つの茎にいくつもの花が咲き、秋に咲くリンドウよりだいぶ小ぶりです。
それに花の期間はあんがい短いです。
開花期を迎えつつあります。

因みに、春に咲く花の中では、このフデリンドウとオドリコソウが大好きです。
この2種を見ると、一週間ぐらいは幸せが続きます。
撮影日:平成29年4月15日
フデリンドウ
フデリンドウ
フデリンドウ

2017年

04月15日

(土曜日)

ボタン(牡丹)

ボタン(牡丹)が今年も開花し始めました。
こうした大型の花が咲く季節がそこまで来ているのは、もう初夏の予感です。
明日はもっと暖かいと言うので、もしかすると本格的に開花する花も出てくるかもしれません。
撮影日:平成29年4月15日
ボタン(牡丹)
ボタン(牡丹)
ボタン(牡丹)

2017年

04月14日

(金曜日)

この植物は

この植物は
この植物は
この植物は
この植物は4.5年前から毎年アップしている。最初の年こそ植物名は分からなかったが、その後何とか調べてやっと分かった。しかし元々外国産の植物なので、植物名を覚えきれない。その時は覚えても1年間はもたない。だから開花期の今頃になると頭からは完全に抜けている。仕方ないのでまた調べる。そんなに理屈正しく調べる訳でもないので、中々見つからない。去年・一昨年と分かったのに、今年はいくら検索しても分からない。年を取ったのは間違いなくそうなのだが、基本的にはそれほど愛着がないのかもしれない。

ボタンクサギもその一つだったが、こちらは何故か植物名を覚えてしまった。覚えたからと言って、何か特別得したわけでもないが、そんなにイラつくことは無くなった。しかし前述の植物名だけは依然として分からない。今年はまだ何回か見る機会があると思うが、その度にイラつくかと思うと、更に憂鬱になる。「憂鬱」と言う漢字は書けないが、PCでは打てる。
撮影日:平成29年4月6日

 | 

 プロフィール 

東京公園雑記管理人

  • Author:東京公園雑記管理人
  • 公園情報センターのブログ「東京公園雑記」です。
    現在、おこなっている東京23区公園全データ・最新版における調査で、見聞きするいろいろを書きます。
    暑いときは熱い話を、寒いときは冷静な話などを書いていければと思います。写真は全てに添付します。
    ご期待ください。

 最近のトラックバック 

 月別アーカイブ 

 カテゴリー 
 ブロとも申請フォーム