東京公園雑記ブログ

現在続けている東京23区の公園調査で見聞きしたいろいろをご紹介します。

2018年

05月05日

(土曜日)

ハルジオン

ハルジオンはキク科ムカシヨモギ属の多年草。
原産地は北アメリカ。
日本では帰化植物となっていますが、全国的に最もよく見かける春の野草。
一部では「貧乏草」と呼ばれ、「折ったり、摘んだりすると貧乏になってしまう」と言われています。
実に哀しい表現です。
ハルジオンは「春紫菀」と書きますが、私は子供の頃から年寄りになった今でも「春時温」だと思っています。誰も共感してくれませんが。
春の野草と言えば、いろいろありますが、身近な花と言えば、タンポポ、ノゲシ、そしてこのハルジオンあたりではないでしょうか。
中でも私はこのハルジオンが好きで好きでたまりません。確かに少し貧乏くさいかもしれませんが、春とはそういう季節の側面もまたあるのではないでしょうか。
もう初夏で、タンポポは殆どがセイヨウタンポポになり、ノゲシももう綿帽子になっています。ハルジオンもこれから次々と綿帽子化していき、来年までまたじっと土の中でミミズさんと遊んでいることでしょう。
来年また、会えることを楽しみにしています。ぜひ会いたいです。
撮影日:平成30年4月21日
ハルジオン
ハルジオン
ハルジオン
ハルジオン

コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

 プロフィール 

東京公園雑記管理人

  • Author:東京公園雑記管理人
  • 公園情報センターのブログ「東京公園雑記」です。
    現在、おこなっている東京23区公園全データ・最新版における調査で、見聞きするいろいろを書きます。
    暑いときは熱い話を、寒いときは冷静な話などを書いていければと思います。写真は全てに添付します。
    ご期待ください。

 最近のトラックバック 

 月別アーカイブ 

 カテゴリー 
 ブロとも申請フォーム